ニキビができにくい洗顔後のお手入れは?

ニキビができにくい洗顔後のお手入れは、どのようにすればいいのでしょう。

 

まず、ニキビを洗顔するときは、マッサージをするように優しく丁寧に洗います。その際、顔だけでなく、首筋などにも気を付けます。顔を洗い終えたらこんどは、洗い流す作業も大事です。泡を残さないように丁寧に泡を洗うことを忘れてはいけません。

 

そして、洗い流した後は、タオルでゴシゴシと拭かず、水分をタオルで押さえて拭くようにします。洗顔後のお手入れで大事なのは、保湿です、保湿することで、ニキビの出来にくい肌にすることができます。

 

肌に十分な水分があれば、毛穴を引き締めることができます。洗顔後は、肌が水分を吸収するよう、しっかり保湿します。化粧水をたっぷりつけ、乳液をつけるといいでしょう。肌に沢山水分を与えてあげるだけなので、特に難しくはありません。

 

ニキビができにくい肌にするには、洗顔後、化粧水や乳液、クリームを使って、肌を潤すことが大事です。化粧水を塗る時は、必ず手の平で温めてから肌にのせるようにしましょう。化粧水が冷たいと肌に刺激になる場合が多いからです。

 

基礎化粧品は、できれば、ニキビ予防ケアのものを選ぶとよいでしょう。